SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー TikTok Youtube Vlog撮影 4.5~11インチ タブレット&スマホ対応 iPhone12/iPad Pro9.7-11″/Kindle/Switch 360度回転 角度調整 三段式折り畳み 卓上 アルミ 金属制(AP-4P)
SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー TikTok Youtube Vlog撮影 4.5~11インチ タブレット&スマホ対応 iPhone12/iPad Pro9.7-11″/Kindle/Switch 360度回転 角度調整 三段式折り畳み 卓上 アルミ 金属制(AP-4P)
SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー TikTok Youtube Vlog撮影 4.5~11インチ タブレット&スマホ対応 iPhone12/iPad Pro9.7-11″/Kindle/Switch 360度回転 角度調整 三段式折り畳み 卓上 アルミ 金属制(AP-4P)
SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー TikTok Youtube Vlog撮影 4.5~11インチ タブレット&スマホ対応 iPhone12/iPad Pro9.7-11″/Kindle/Switch 360度回転 角度調整 三段式折り畳み 卓上 アルミ 金属制(AP-4P)
SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー TikTok Youtube Vlog撮影 4.5~11インチ タブレット&スマホ対応 iPhone12/iPad Pro9.7-11″/Kindle/Switch 360度回転 角度調整 三段式折り畳み 卓上 アルミ 金属制(AP-4P)

SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー TikTok Youtube Vlog撮影 4.5~11インチ タブレット&スマホ対応 iPhone12/iPad Pro9.7-11″/Kindle/Switch 360度回転 角度調整 三段式折り畳み 卓上 アルミ 金属制(AP-4P)

カテゴリー

パソコン・周辺機器 > PCアクセサリ・サプライ > タブレットアクセサリ > スタンド

説明・感想

「SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー」は、TikTokやYouTubeの撮影に最適なタブレットとスマートフォンをサポートするスタンドです。
4.5~11インチの幅広いデバイスに対応しており、iPhone 12やiPad Pro 9.7-11インチ、Kindle、Nintendo Switchなどに使用することができます。
このスタンドは360度回転し、角度も自由に調整できるので、撮影時の視野角や映り込みを調整することができます。
また、三段式の折り畳みデザインで、持ち運びに便利であり、卓上での使用にも適しています。
この商品を使用してみた想定で感想を述べますが、まず、その安定感に驚きました。
アルミ製ということもあり、スマートフォンやタブレットをしっかりと支えてくれます。
また、角度調整もスムーズで、自分の好みに合わせて最適な視野角を設定することができます。
さらに、360度回転機能は、撮影時に必要な角度に簡単に調整でき、撮影の自由度が高まります。
この商品は、ビデオブロガーなどのコンテンツ製作者にとって、非常に使いやすいツールだと感じました。
また、折り畳みデザインも便利で、持ち運びや収納にも困りません。
卓上で使用する際もコンパクトに収まり、スペースを取らないという利点があります。
全体的に、SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダーは、機能性と使いやすさを兼ね備えた優れた商品だと思います。
撮影時の安定性や角度調整の自由度、持ち運びの便利さなど、多くの点で満足感を得ることができました。


※あくまでの個人の感想となります

Amazon.co.jp: SupeDesk タブレットスタンド スマホホルダー TikTok Youtube Vlog撮影 4.5~11インチ タブレット&スマホ対応 iPhone12/iPad Pro9.7-11"/Kindle/Switch 360度回転 角度調整 三段式折り畳み 卓上 アルミ 金属制(AP-4P) : パソコン・周辺機器

関連記事

フリースタイル
WEBシステムエンジニア
制作作業の合間に、amazonの気になる情報をチェック
ANAマイレージモール ANA経由でamazonで買い物すると
対象のカテゴリーであればマイルGET
chrome拡張機能keepa Keepaを使ってほしい商品の
買い時をチェック

本日のおすすめ

Amazonギフト券
贈り物に困ったらAmazonギフト券

三次元に希望を持っていた時期が
僕にもありますた

STEINS;GATE
by ダル(橋田至)

Profile